にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへblogram投票ボタン

2010年01月04日

再び東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)でウイグル人弾圧が強化されます!『「反民族団結」の言論や情報収集を処罰 中国がウイグル自治区で』

『「反民族団結」の言論や情報収集を処罰 中国がウイグル自治区で』
引用記事/MSN産経ニュース(2010.1.4 20:05)
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100104/chn1001042005009-n1.htm
【北京=野口東秀】中国新疆ウイグル自治区で昨年7月に起きた民族暴動から5日で半年を迎える。当局はこれを前に同自治区で、民族団結を妨げると判断した「言論」などを禁じ、違反すれば刑事処罰する条例を制定した。愛国教育にも力を注ぐことを決め、独立運動がくすぶる同自治区で暴動につながる芽の摘み取りを狙う。

「民族団結教育条例」と呼ばれる条例は、同自治区の人民代表大会で可決され、2月1日から実施される。条例は「いかなる個人、組織も民族団結に不利となる言論、情報収集、情報提供、(CDや文書などの)制作、発表、流布ができない」などとされ、民族分裂扇動の行為と見なされた場合、処罰は「相当厳しい内容」(国営メディア記者)となる。

条例制定の背景には、当局の発表で197人の死者を出した暴動の波紋が続き、民族間の対立感情は消えていないことがある。自治区内では、すべての小中学校で毎日、国旗を掲揚し、国歌を斉唱するよう指示が出ている。当局はまた50曲の愛国歌を選定、児童・生徒に歌わせるよう指導するなど、同自治区で愛国教育を徹底させる方針だ。


続きを読む
posted by 真 at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東トルキスタン(ウイグル)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

日本国民の怒り爆発。12月15日、都内5か所で『習近平・国家副主席の来日と、天皇陛下との会見強行に抗議の街宣行動』行われる。逮捕者や警察による集会排除も。長野の再来!

☆mahorobajapanさんのch
高画質UPありがとうございます。


syukinhei_01_400.jpg
天皇陛下を政治利用.jpg

なぜ30日ルールを破ってまで、習近平というウイグル人虐殺を指揮した支那(中国)ではbUの男と天皇陛下が会見しなければいけないのか。
小沢が手を貸して、支那(中国)での権力闘争に日本と皇室を利用しているのではないのか。
私達は断固抗議の意を表します。


昨日12月15日、早朝から暗くなるまで、都内5か所で、
『習近平・国家副主席の来日と、天皇陛下との会見強行に抗議の街宣行動』が行われました。
主催は、草莽全国地方議員の会、外国人参政権絶対阻止委員会、日本文化チャンネル桜有志の会。

私は仕事の都合で参加できず、電車内や駅での一人プラカード抗議を行いながら、
16時半から渋谷ハチ公前の最後の街宣に参加してきました。
最後だけでも間に合ってよかった。
☆渋谷ハチ公前、街宣。
211215渋谷街宣.jpg
(写真は草莽全国地方議員の会HPより)

一時は、平日にも関わらず500名にのぼる参加者が集まり、
習近平来日と天皇陛下との会見強行に抗議の声をあげた模様。
経団連ビル前では逮捕者が出たり、赤坂見附では、
所定の場所での行動を警察によって排除されたりしたそうです。
こと支那(中国)がらみだと、警察は冷静さを失いますね。
つまり政府の方針ということですか。
永山英樹氏のブログ「台湾は日本の生命線!」→12・15「習近平訪日」反対行動報告―反中国・反国賊政権運動が新局面 (付:チャンネル桜の報道動画)
に事の次第が詳しくレポートされていましたので、ぜひご覧ください。

☆赤坂見附で何が起きたか。


民主党本部前では、街頭抗議活動が始まると抗議活動から逃げるように、
民主党本部の建物前面の電気を全て消して静まり返っていたそうです。
こんな与党でいいのか?との声もあがりますよね、これでは。

☆他、以下の関連記事のあるサイトがお薦めです。
花うさぎの「世界は腹黒い」→『習近平の抗議街宣に400人!』
草莽全国地方議員の会HP→『習近平中国副主席 来日反対!天皇陛下会見強行反対!緊急街宣を行う。。』

続きを読む
posted by 真 at 23:20| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 東トルキスタン(ウイグル)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「中国共産党はウイグイ人を虐殺するな!」 12月12日(土)『 7.5ウルムチ虐殺事件の張本人・習近平 中国国家副主席 来日に際しての抗議デモ』参加報告

☆uyghurissueさんのch

12月12日、『7月5日に東トルキスタンの首都ウイグルで起きた、
ウイグル人虐殺事件の総責任者の習近平・中国国家副主席の来日に抗議するデモ』に参加してきました。

☆hahorobajapanさんのch


実は…沢山写真を撮らせていただいたのですが、不手際があったのか、
データがすっかり消えていたのです!
あああ!えええ?頭抱えました。
東トルキスタン旗も、日の丸もZ旗も、参加者の雄姿も、
居酒屋でのいたずらもw、25枚以上が…。
皆様、本当にすみませんでした。
以後気をつけますです。

気を取り直して、1枚だけ残っていた画像を載せます。

☆日比谷公園入ったところ。
東トルキスタン旗が実に美しかった。
250名を超える方々が、「習近平の実態」と「ウイグル人支援」を街行く人々に訴えました。
デモルートは、常盤橋公園 → 外堀通り → 日航ホテル前右折 → 日比谷公園。
091212習近平来日抗議デモ〜日比谷公園.jpg

☆主催「ウイグル問題を考える会」→『習近平来日に際しての抗議デモ報告』

当日の写真をご覧になりたい方へお勧めします。
☆花うさぎの「世界は腹黒い」→『習近平の来日に抗議デモ』
☆永山英樹「台湾は日本の生命線!」→「不忠」民主党政権糾弾の様相も呈した「ウイグル虐殺犯」習近平への抗議デモ (付:12・15「習近平訪日」抗議行動の緊急告知)』

続きを読む
posted by 真 at 16:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東トルキスタン(ウイグル)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

『世界ウイグル会議ラビア・カーディル議長、来日、そして帰米へ。記者会見動画有』



☆MSN産経ニュース2009/07/28
中国でNHK放送が中断 カーディルさん来日報道で
『中国で28日、ウイグル人亡命組織「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル主席の訪日を報じていたNHKの海外放送が中断された。カーディルさんの訪日をめぐっては、中国外務省が27日、日本政府に対し「強い不満を表明する」との談話を発表していた。

 一方、中国政府は28日、カーディルさんの訪日に合わせ、新疆ウイグル自治区ウルムチ市内で5日に起きたウイグル族による大規模暴動を記録した日本語版のビデオ「7・5暴力事件とラビア氏」を日本メディアに配布。カーディルさんらによる「統制と画策」の下、暴動が発生したとあらためて非難した。(共同)』


チャイナ政府は、一貫して情報戦を仕掛けて来ています。
対処法は…一切信用しない、妥協しない、ですw

☆MSN産経ニュース2009/07/30
米科学誌、中国・核実験でウイグル人数十万人が死亡した可能性
『米国で最も人気の高い科学雑誌「サイエンティフィック・アメリカン」7月号が、中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区で中国当局が実施した40数回の核爆発実験の放射能により、数十万ものウイグル住民が死亡した可能性があるとする記事を掲載した。

 記事は、ウイグル人医師のアニワル・トヒティ氏と札幌医科大教授で物理学者の高田純氏の合同調査結果を基礎に書かれたもの。高田教授は同自治区のシルクロード紀行番組を長年、放映したNHKの核実験無視の姿勢を非難している。

 「サイエンティフィック・アメリカン」7月号は、「中国の核実験は多数の人を殺し、次世代を運命づけたのか」「中国が40年にわたり核爆弾を爆発させたことで、放射能の雲は住民の上を覆った」という見出しの記事を掲載した。』

続きは上記リンクへ

いよいよチャイナによる核実験の事実が広く公になりそうですね。
日本は、初めての被爆国かもしれませんが、
唯一の被爆国ではなかったのです。
このことを知っていながら「シルクロード」を放送していたNHKにも大きな罪があります。

続きを読む
posted by 真 at 00:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東トルキスタン(ウイグル)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

7月26日、『緊急ジンポジウム「今ウイグルで何が起きているか?』参加報告Ver.2(写真動画追加)

7月26日『緊急シンポジウム/今ウイグルで何が起きているか?』に参加してきました。
SN3J02270001.jpg

体感と会場定員300名部屋での座席の占有状況からみて、
100名は楽に越える方々が参加していた模様です。

SN3J02320001.jpgSN3J02310001.jpg

今のウイグルの状況は、引き続きインターネットも電話も当局によって遮断れていて、
やはりはっきりしないようです。

チャイナ政府は、いいかげん情報遮断をやめるべきです。

そして連行していったウイグル人の即時解放と、
第三者機関による事件の調査・検証を受け入れるのが筋でしょう。

シンポジウムの内容については、
こちらのサイト様で詳細に載せておられます。
チベット・中国問題研究所→イリハム・マハムティ 今ウイグルで何が起きているのか?1『日本ウイグル協会代表、イリハム・マハムティ氏の話』

順次パネリストの方々のお話が紹介されるみたいですので、
ぜひお薦めします。

まず動画でUpされていたのは、
関西TVでお馴染みの独立総合研究所代表取締役社長の青山繁晴氏の発言です。
音声のみですが、ぜひ多くの方に聴いていただきたいです。

続きを読む
posted by 真 at 21:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東トルキスタン(ウイグル)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

7月26(日)緊急シンポジウム『ウイグルで何が起きているのか?』告知

最近は全然情報が流れなくなってしまいましたが、
事態が収まったわけではありません。
少し長いですが、ぜひ読んでいただきたいのです。
文章は日本ウイグル協会サイトからの転載です。
日本ウイグル協会公式サイト
ぜひよろしくお願いします。
私も参加してきます。
問題の認識と拡散を!

☆必見です!


☆チラシです。拡大できます。
uy01.JPG
『緊急シンポジウム ウイグルで何が起きているのか?』
【日時】
7月26日(日)
開場18:15 開会18:45
【場所】
国立オリンピック記念青少年総合センター
センター棟4Fセミナーホール(417)
※交通案内
【資料代】
2千円
【主催】
日本ウイグル協会 イリハム・マハムティ

2009年6月26日、中国広東省の玩具工場で6000人の漢人が200人のウイグル人労働者を襲撃する事件が起こりました。事件の現場では、警察が5時間以上虐殺行為を放置し、中国政府は事件をまったく報道しようとせず、犯罪者を逮捕しようとも事件を究明しようともしませんでした。世界中のウイグル人がその虐殺事件を知ったのはインターネットにあげられた事件の動画や掲示板への書き込みで、それは事件に関わった中国人たちが「ウイグル人を殺してやった」と喜び自慢する、あまりにも残酷な内容でした。
その事件に抗議するために7月5日、中国ウイグル地域ウルムチのウイグル人大学生が中国政府に抗議するデモを行い、多くのウイグル人がそれに賛同しました。しかし、中国政府は平和的な抗議デモを武力鎮圧し、電話、インターネット、報道、全ての情報を規制。ウルムチでそして他のウイグル地域で何が起きているのか分からない状況が現在も続いています。たくさんの死者、逮捕者、強制連行されたウイグル人たちの安否は分からない状況です。それだけではなくウイグル地域や中国全土に住むウイグル人が安全に生活できているのかどうか、確認するのは難しい状態です。

中国政府は漢民族が被害者であり、ウイグル人は暴徒だ、テロリストだと嘘の情報を世界に伝えています。私たちは中国政府が行ってきた大量虐殺と人権弾圧の歴史について知っています。何故ここまで悲惨な事件が中国によって繰り返されなくてはいけないのか? 私たちは現在入っている今回の事件の情報を中心に、真実を世界に伝えるためにシンポジウムを行います。


【パネリスト】


続きを読む
posted by 真 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東トルキスタン(ウイグル)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

「7月12日/中国政府によるウイグル人虐殺抗議デモ」動画集

とにかく高画質です。一見の価値ありです。



事の起こりは、「ウイグル人によるレイプ事件が起こった」というネット上のデマからだった。
それに対して漢人が過剰に反応。
約200人のウイグル人労働者を6000人の漢人が襲撃。
60人近くが虐殺され、100人近くが負傷。


ウルムチでは、この件に関し当局に平和的抗議に向ったウイグル人学生を無差別発砲で殺害。
その場で150〜200人のウイグル人学生達が命を落とした。
我慢できなかったウイグル人達が、武器を持たずあくまで平和的抗議デモ。
そこに軍が鎮圧行動。多数の死者。
そして「暴動」発生の一般的報道。
はあぁ?これが「暴動」なんかであるわけがない。
中国当局は約180人が死亡。内150人近くが漢人だと発表。
世界ウイグル協会側は800人以上のウイグル人が殺され、1500人以上が逮捕移送され連絡とれないままである、と発表。

私はウイグル人達の主張を信じます。

日本ウイグル協会7月12日抗議デモの模様とマスコミ報道まとめ


☆RFUJ版


続きを見る
posted by 真 at 16:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東トルキスタン(ウイグル)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

「7.12/中国政府によるウイグル人虐殺抗議デモ」に参加してきました!

まずは中国大使館に直接抗議行動。
麻布税務署前に集合して、待機。
写真は、「NHKの大罪Tシャツを着て渋谷NHK前をお掃除しよう隊」が合流した時。
7.12麻布税務署前.jpg
抗議者は100人は超えていた模様です。
しかし中国大使館には、一度に5人一組しか抗議してはいけないらしい。ふざけるな。
少人数扱いにして抗議行動の矮小化と、抗議の人間の面を確定したい意図が見え見えで、本当に本当に頭にきますね。
たまたま自分のグループにチャンネル桜の水島社長が入られて(!)、
一緒に抗議の声を上げることになりました。
水島社長情報では、胡錦濤中国国家主席がサミットをドタキャンしたのは、江沢民派のクーデターまがいの事件が起たからとのこと。
強いところ見せないと中国では失脚してしまうので、
弾圧はますます厳しくなるんではないでしょうか。嗚呼。


続きを読む
posted by 真 at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東トルキスタン(ウイグル)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月12日(日)、渋谷にて「中国政府によるウイグル人虐殺抗議デモ」が行われます!

<私は中国共産党政府による少数民族弾圧・浄化政策に反対の意思を表明します>

7月12日の中国政府に対する抗議デモの名称が決まりました。
微力ながら私も参加します。
賛同いただける方には、ぜひデモの参加、見物、クチコミ、マスコミ報道のチェック等、
幅広いご支援よろしくお願い致します。

チラシはクリックで大きくなります。
demo01.JPGdemo02.JPG

日本ウイグル協会公式サイト→7月12日(日)「中国政府によるウイグル人虐殺抗議デモ」のお知らせ

以下、デモの予定詳細
posted by 真 at 02:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東トルキスタン(ウイグル)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

フリー東トルキスタン!東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)はウイグル人の地!(動画有)

ウイグル人の土地で、再び中国共産党政府による民族差別・民族浄化の悲劇が起きています。
事件の構図はチベットでの民族浄化と同じ構図です。
今回はウルムチで、「広東省でのウイグル人労働者襲撃虐殺事件」への抗議デモ隊に対して、鎮圧のため戦車が突っ込んだ模様です。
いつまでもいつまでも同じことを続けていくのだろうと思うと、
本当に怒りがこみ上げてきます。
中国政府側は必ず、海外組織に煽られた少数民族の「暴動」と発表しますが、
れっきとした独立運動ではないのでしょうか。
私は中国共産党政府の発表する情報は、
まず疑ってかかることにしています。
(というか、はなから信用していません。)

中国の検閲によらない情報を知りたい方には、
ぜひこちらのサイトをお薦めします。

事件の発端となった、広東省・玩具工場の漢族によるウイグル人撲殺動画有(残酷注意)。
☆日本ウイグル協会公式サイト→2009年7月5日ウイグル地域ウルムチで起きた事件の情報

これが北京オリンピックで謳われた、「一つの中国」の現実です。
嘘ばっかり。


続きを読む
posted by 真 at 22:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東トルキスタン(ウイグル)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。