にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへblogram投票ボタン

2007年04月04日

『チャーリーとチョコレート工場』

今日はせっかくの休みだったのに、
起きたら昼だった。夜更かしのせいだ。
こんな日はだらだらと映画でも観るに限る。
というわけで、
『チャーリーとチョコレート工場』(ティム・バートン監督)
観て、泣いておりました。
涙腺緩んでないか。コレ。



オープニング観てたら、『マーズ・アタック』とダブってきて,
一気に物語の世界へ。
完璧だ。好きな監督物は肌に合いますね。
今回もいいベテラン俳優さんが一杯。
彼、彼女達を見ているだけで幸せです。
というか涙出てきます。
やっぱり涙腺緩んでねぇか。オレ。
欧州系のベテラン俳優さんにまったく弱いので、
今回もあのチャーリーのじいさんばあさん達や、
ドゥークー伯爵いやウォルカのお父さん(クリストファー・リー)
にやられっぱなしでした。
とにかく、なんていうか、キチンとしてるんですね。
キチンと。(ああ、語彙足らず。)
ジョニー・デップがやる男なのは分かってるので言いません。
あと、ウンバ・ルンバ達のゆるいダンス&歌も最高。
力抜けるなあ。
お気に入りに追加の作品でした。

以上、観てない人にも、観た人にもあんまり役にたたないレビュでした。


困った方はこちら公式HPまで→「チャーリーとチョコレート工場」



ラベル:映画 洋画
posted by 真 at 00:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。