にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへblogram投票ボタン

2010年03月16日

拡散希望!#MPJ #nekouyo『海角7号』魏監督の次回作『賽徳克巴莱/セデックバレ』はシナに取り込まれる可能性あり!『3.13台湾研究フォーラム定例会/講師・西村幸祐氏』

SN3J0612.JPG


3月13日(土)、文京区民センターで台湾研究フォーラムの定例会が行われました。
講師はジャーナリストの西村幸祐氏。
『台湾で空前大ヒットの親日映画「海角七号」と NHK「JAPANデビュー」問題から読み解く支那の対日情報戦争』というテーマでした。

西村氏は、魏徳聖監督『海角7号』の広報をめぐる不透明な動きと、
魏監督の次回作『賽徳克巴莱/セデックバレ』がシナ共産党に利用される可能性に言及。
参加者に『海角7号』への支援、『賽徳克巴莱/セデックバレ』への注視を呼びかけました。
『海角7号』→http://www.kaikaku7.jp/
『賽徳克巴莱/セデックバレ』→http://ameblo.jp/seediqbale

他には、
既にシナによるメディアの情報操作の土壌は完成されていること。
TBSによるインタビュウ字幕捏造事件。
『メディアリテラシー』から『検索リテラシー』へ。
『児童ポルノ禁止法』をめぐる問題。
『正常化バイアス』に気づく大事さ。
等々、実に多くの事例から、現代の情報戦を読み解く手がかりを示唆。

最後に、NHKジャパンデビューの偏向問題に私達がどの様に戦い、劣勢を押し戻してきたのかを思い出して、
これからも頑張っていきましょうと、言葉を結びました。

実に有意義な1時間半の講演でした。

☆会場前には警察・機動隊が詰めかけていてものものしい雰囲気。
理由はこの写真に。分かる方には分かると思います。
SN3J0610.JPG

☆挨拶に立つ、会長の永山英樹氏と講演中の西村幸祐氏。
SN3J0611.JPGSN3J0613.JPG

☆本日注目の一品。『習近平灰皿』。
灰をガンガン落とした後は火のついた煙草をギューっとねw
SN3J0615.JPG

【永山英樹氏発言要旨】
台湾有事の際、中共の影響下にある連立与党では、自衛隊出動に同意しないのではないかと危惧。
安全保障の観点から、民主党の亡国案を阻止せねばならない。
2005年3月14日、中共は反国家分裂法(要するに台湾侵略を合法化。台湾が独立に動くと人民解放軍が攻め込んでいい)を制定。逆に2006年3月14日、
台湾ではこの日を反侵略記念日として100万人デモを行った。
今年も3月14日は台湾でデモが行われるので、日本も連携・支援の意味を込めて明日、新宿西口と渋谷ハチ公前にてデモを行うので皆様ご参加ください。

【西村幸祐氏発言要旨(一部)】
台湾映画『海角7号』→http://www.kaikaku7.jp/
台湾で空前のヒットした割には日本では話題に登っていない。
昨年10月〜11月、魏徳聖監督の来日、プレス発表、メディア告知の際、
日本では大ヒットさせない様な力が働いていたとしか思えない。
基本、配給会社が思いっ切ったプロモーションしない。
仏映画の単館ロードショウ等手がける政治的には中立な会社と思っていた。
大手は労組が影響力があり、かつて「プライド」等妨害を受ける。
しかし、産経新聞を使った条件の良い広告を配給会社側が断る。
SAPIOによる試写会の話も潰れた。
週刊新潮が西村氏と魏監督インタイビューを取り上げる。
監督によると「上海で公開、30分近くカットされた。腹がたつので思い出したくない。」等。
この記事を配給会社は紹介しなかった。
公開前のパブリシティの面で不思議な力が働いた様である。
何か奥歯にものが挟まったような配給会社の対応だった。
『海角7号』といった映画でも、
何らかのバイアスがかかってきてちゃんとした広報が出来ていない。

この一連の動きも、NHKのジャパンデビューを生んだ同じ土壌である。

魏監督は現在次回作「賽徳克巴莱/セデックバレ」作成中。
これはNHKジャパンデビューでも問題なった、「霧社事件」描いた映画。
西村氏の「抗日の英雄物語として描くのか。」との問に、
魏監督は「抗日は当時はあったかもしれないが、そうではなく台湾のアイデンティティーを探すんだ。そのために通過しなければいけないものとして取り上げねばならない」と。
これは本音ではないか。
魏徳聖監督はインタビュウから判断するに、ニュートラルな方だと思われる。
しかし、あからさまに利用される題材である。
しかも、資金提供は大陸から、プロデューサーはジョン・ウー。
つまりかなりシナ共産党の意向が入ってくる可能性がある。
台湾人でも反日のビビアン・スーも出演。
これは既に情報戦争になっている懸念。
ブログも開設されている。
『賽徳克巴莱/セデックバレ』→http://ameblo.jp/seediqbale
皆さん、今のうちから注視して欲しい。

〜さらに面白いお話が続く。
(動画がUPされると思いますので、後日紹介いたします。
よろしくお願いします。)










posted by 真 at 22:24| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 台湾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
至らない講演をまとめて下さってありがとうございます。
ところで、私の講演の写真を使わせていただいてよろしいでしょうか?
返事はツイッターで結構ですw
Posted by 西村幸祐 at 2010年03月21日 17:57
西村幸祐さん☆
コメントありがとうございます。
ツイッターでの返事、無事届いてますでしょうか。
写真、その他何でも自由にお使いください。
これからもよろしくです。^^
Posted by 真 at 2010年03月23日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。