にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへblogram投票ボタン

2010年01月28日

報道されない事実/韓国民団が市川市の外国人地方参政権付与反対の陳情決議に介入。推進派傍聴10人の圧力なのか?決議棄却。(1月27日民団新聞)/拡散お願いします。

民団〜在日本大韓民国民団中央本部HPより→
『永住外国人への地方参政権付与「憲法違反」は誤り 2010-01-27民団新聞 』 〜市川市議会 反対派の陳情棄却 民団支部の説得が実る〜

==============================
やはり推進派は焦っているようですね。
この記事で各自治体への圧力のかけ方を指示しています。
いよいよ攻防戦の始まりです。

選挙権のない外国人団体の地方自治体への政治圧力の実態です。
事実の拡散をお願いします。

以下に記事全文
『永住外国人への地方参政権付与「憲法違反」は誤り 2010-01-27 』
〜市川市議会 反対派の陳情棄却 民団支部の説得が実る〜

 【千葉】千葉県市川市議会は、永住外国人の地方参政権付与に反対する意見書の採択を求めた陳情を20日、本会議で棄却した。出席議員36人のうち、賛成に回った議員はゼロ。付与反対を表明していた自民と民主の4人は退出、票決には加わらなかった。議案は19日の総務委員会で採択されていた。

 この日の本会議では付与に消極的な姿勢の議員が、「地方といえども明確に憲法違反」との立場を表明。これに対して、公明党と無所属の両会派議員は、「市川市議会はすでに地方参政権付与を求める意見書を採択している」「これまでにも国会で法案が上程されてきたが、憲法違反であれば、内閣法制局が認めるはずがない」と主張した。

 わずか1日で形勢が逆転した裏には、民団市川支部(朴健市支団長)の果敢な働きかけがあった。同支部役員は、民団中央本部の呂健二運動本部長代行と連携をとり、各議員を訪ねて歩き、陳情趣旨の不当性を説いて回った。これを受けて鈴木啓一(自民党)、戸村節子(公明党)の両議員がいち早く動き、各会派所属議員に「市川市議会で通したら恥」と、棄却に向けた説得工作を展開した。

 本会議当日は、民団と市民団体の関係者10人余りが傍聴に詰めかけた。これが最後の決め手となった。陳情書採択に反対していた議員の一人は、「最後は皆さんがたの傍聴が大きな力になった」と語った。

 朝日新聞の調査によれば、昨年の政権交代以降、47都道府県のうち、14県議会が永住外国人の地方参政権の付与法制化に反対する意見書を可決してきた。このうち、7県はかつて、賛成の意見書を可決している。千葉県議会でも昨年12月22日、反対の意見書を可決した。

(2010.1.27 民団新聞)



posted by 真 at 16:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道されない事実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。