にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへblogram投票ボタン

2010年01月23日

衆議院TVを見よう!小池百合子議員が左翼学生運動政権の本質を暴いたり、外国人参政権法案は民団への公約とのたまった件に切り込んだり、他。1月22日衆議院予算委員会。

国会中継に関して、大手メディアの切り貼り報道・印象操作に不満を感じている方々へ。
改めてお薦めします。
リンク→衆議院TV
国会審議の生中継と過去のライブラリーが無料で何時でもご視聴できます。
これを活用しない手はありません。

で、今回のお薦めは、小池百合子議員です。

小池百合子議員の質疑への直リンク→
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40120&media_type=wb&lang=j&spkid=19624&time=01:36:21.2

1分〜/何故日米安保が迷走しているのか?赤松大臣や仙石大臣にどのような学生運動をしていたのか聞くw←必見ですよ
10分〜/ハイチ地震への政府の対応を問いただす。
    too little,too late。中国の速さと日本の遅さ等。
29分〜/インド洋での給油活動についての総括。
36分〜/アフガン民生支援、5年で4500億円の内訳は?
41分〜/インド洋日本撤退後を狙う中国
    日本のシーレーン防衛を中国頼みにすることはあってはならないが、総理はどう考えてるか?
46分〜/習近平と天皇陛下の特例会見について問題点を問いただす。
    中国は戦略的にこちらの規則を破ってくるので、こちらは毅然と対応を
51分〜/中国の海島保護法の件、沖ノ鳥島保護の件、東シナ海のガス田開発の中国への対抗手段について

55分〜/与那国島、三宅島、対馬は意図を持った勢力がやってくれば、簡単に乗っ取られる恐れ
59分〜/いよいよ外国人参政権について
☆hatoyama4126さんのchから解説も含めてお借りします。
先日のセンター試験において学説の分かれている外国人参政権について、あたかも肯定説が通説であるかのような出題がなされたことを問題視。
さらに赤松農水大臣が在日本大韓民国民団の新年会において「地方参政権付与は民団への公約」と発言したことをはじめ、国民の監視の及ばないところで同法案成立を企む民主党に対し「日本国民有権者に対する欺きである」と批判。
対する赤松はニヤけながら「公約と言ったかどうかよく覚えていない」。
みなさん、民団のHP(http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=11&category=2&newsid=12273)でご確認ください。
赤松はじめ、山岡賢次、福島瑞穂、浜四津敏子、江田五月ら「来賓」の発言内容をご覧いただけます。

69分〜/日米同盟の深化について。
    その日によって違う答弁いつまでにどうするかw
77分〜/北朝鮮が使用する可能性のあるEMP爆弾について。
    電磁パルスが社会的電子システム(金融システム等)を無力
化。
米、韓国はこれに対策する予算を計上しているが、日本はどうするのか?
    
見どころ満載ですね。
お暇な時に全視聴を、忙しいければYouTube版を。

ぜひ。

 






posted by 真 at 00:28| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、自民党の追及は野党慣れしてないせいか迫力が今いちと感じるのは私だけだろうか?
外国人参政権付与に関しては、民主党が民団という外国人団体に公約をし、日本人に何も知らせることなく、日本人を騙して政権を奪取し、強引に法案の提出とその成立を図れば、多くの国民は黙ってはいまい。民主党がインチキで売国行為をするならば、民主党要人に対するテロが起きる可能性がある。
責任は民主党にある。何故なら民主と名乗るのとは正反対の行為をして、国民を愚弄する行為だからです。
Posted by ペン at 2010年01月30日 23:02
ペンさん☆初めまして
コメントありがとうございます。

確かに「必ず首を獲る」というような迫力には欠ける気がします。
危機感が薄い議員の方もまだまだ多いのではないかとも。

いよいよ強引に法案をねじ込むようなら、そのような事が起きる可能性もありますね。
そうならない様、キッチり与野党の議員さん達のケツを叩いていきましょう。^^
Posted by 真 at 2010年01月31日 09:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。