にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへblogram投票ボタン

2009年11月11日

油断はならないが…『参政権法案、今国会提出断念へ、政府・民主、党内外に反発強く』

引用記事/MSN産経ニュース(2009.11.11 10:03)
『参政権法案 今国会提出断念へ 政府・民主 党内外に反発強く』

政府・民主党は10日、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案の今国会への提出を見送る方針を固めた。同法案をめぐっては、民主党の山岡賢次国対委員長が6日、議員立法として今国会に提出したいとの考えを示していた。

民主党の小沢一郎幹事長は、和歌山県高野町で記者団に対し、同法案について「外交政策が背景にある問題だから、私がとやかく言う立場ではないが、基本的には政府提案(政府提出法案)としてやった方がいいだろう」と述べた。

ただ、平野博文官房長官は同日の記者会見で「この国会で政府提案としてやる時間的な余裕はない」と述べた。付与に懐疑的な民主党国対幹部も「外国人参政権なんて党内がもたない。いずれにしても今国会ではできない」と語った。同党や山岡氏ら関係議員に国民から多くの抗議が寄せられたり、党内保守系議員が反発したことも提出を見送る理由となったようだ。

今後も参政権付与推進派の動きは続くとみられるが、平野氏は10日の会見で、来年1月召集の通常国会への対応について「連立3党の党内で議論が必要だ」と与党の意見集約が政府提案の前提条件との認識を示した。国民新党は「うちの党は(意見集約が)難しい」(亀井静香金融相)としている。

民主党内で検討中の法案は、日本と相手国が互いに同程度の権利を認める「相互主義」を採らず、中国人でも日本の永住者なら地方参政権を与える内容だ。

========================

先日明るみになった民主党の案、
本国で選挙権のない支那(中国)人にすら参政権を付与しようとするとんでもない法案でしたね。

とりあえず今国会での法案はないという話。
本当かなぁ〜。

以前の、国籍法改正の時のことを思い出すと、
基本的に信用できないのですが。

しかし、抗議の声をあげ続けることが当たり前ですが大事だし、
有効であることは確認できました。

直電、メール、FAX、口コミ、抗議デモ、
この法案含め、日本を内側が崩していく法案を出すことはもはや無理だと思わせるまで、やり続けていきましょう!

そしてこの法案に基本的に賛成・推進の意を表明している、
民主党、公明党、共産党、社民党の動きに常に警戒・監視を目を!

========================

参考までに→水間条項

緊急拡散「参政権反対FAX 」宜しく! New!
民主党は、請願書郵送分と「10・27」の当日分を合わせて、8万通以上になっていることを知ってか、政府法案として提出ができなくなることを察知し、当初、議員立法を認めないとしたことを撤回してまで「外国人参政権付与法案」を、今臨時国会に提出する決定をしました。

民主党のマニフェストに記載されていない「外国人参政権付与法案」は、国体破壊勢力と外国が結託した闇法案です。

昨年の「国籍法改悪」から一年、今回は準備万端整っていますので、覚醒しているインターネットユーザーの皆様の総力を結集して、慌てず確実に「国体破壊法案」を撃破しましょう。

日本人の底力の見せどころです。

「10・27」に駆けつけて戴いた5,000名の力だけで、「外国人参政権付与法案」は潰せます。

それに国内外の日本人の怒りが爆発したら、「国体」を護れますので宜しくお願いします。

@準備中

A●昨年のように、国対政治で闇法案が取引されないように、まず、 山岡賢次・民主党国対委員長と 川崎二郎・自民党国対委員長に手紙かFAXで緊急に要請して下さい。

B●最悪の状況でも、参議院でキャスティングボートを握っている 亀井静香 国民新党代表と国民新党参議院議員全員にも要請して、最後に来年の改選議員に手紙かFAXで要請して戴ければ完璧です。賛成に回ったら支持できなくなりますとの、意思表示が大事です。

C●そして、公明党に気兼ねして保守政党の自覚がなくなっている、 谷垣禎一・自民党総裁、 大島理森・自民党幹事長へ手紙かFAXで要請書を発送して下さい。

D●民主党は、小沢一郎・民主党幹事長に、いくら要請書を出しても無駄になりますのでメールに留めて下さい。反対派の重鎮、渡部恒三・前最高顧問には、手紙かFAXで要請して下さい。

E●(※ 11/11日現在未定、衆議院『 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会]』、 衆議院総務委員会、 衆議院法務委員会)

F●(※ 11/11日現在未定、参議院『 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会』、 参議院総務委員会、 参議院法務委員会)

G●「外国人参政権付与法案」は、地方議会議員の身分に直結する問題ですので、自民党が単独与党の地方自治体に働きかけ、地方自治体法に基づき「外国人参政権付与法案反対決議」を直接かFAXで要請して戴き、実現できれば来夏の参議院選挙のために引き下がりますが、この千載一遇のチャンスを利用して、国民に民主党の危険性を知らしめることが出来ますので、皆様、焦らず淡々と頑張りましょう。

@から順番に要請して戴ければ、確実に「国体破壊法案」は潰せます。

※ 友人・知人に、「外国人参政権付与法案」に賛成すると、来年改選の参議院議員は、選挙を戦えないと自覚して頂くことが必要ですとお願いして下さい。
※ 昨年の経験からアドバイスできることは、国会議員は、地元有権者からの要請書は、秘書の方が選別して議員に渡しておりました。そして、地元の方は、賛成に回ったら支持できなくなることを、必ず記述することが肝要です。

これは、日本に巣くっている外国人勢力と戦争が始まったと認識して、取りかかって廃案にできれば、他の「闇法案」も潰せますので、時間がありましたら周知活動もお願いいたします。

FAX番号一覧と「ひな型」は、「水間条項」(http://mizumajyoukou.jp/ )のイベント欄に掲載します。

山岡賢次 (衆・ 民主・ 栃木4区) TEL:03-3502-8888 FAX:03-3502-8855 h06385@shugiin.go.jp http://www.yamaokakenji.gr.jp/
川崎二郎 (衆・ 自民・ 比例東海) TEL:03-3508-7152 FAX:03-3502-5173 info@kawasaki-jiro.ne.jp 
http://www.kawasaki-jiro.ne.jp/
谷垣禎一 (衆・ 自民・ 京都5区) TEL:03-3508-7012 FAX:03-3597-0895 
http://tanigaki-s.net/contents/code/inquiry
大島理森  (衆・ 自民・ 青森3区) TEL:03-3508-7502 FAX:03-3502-5082 info@morry.jp 
http://www.morry.jp/
小沢一郎  (衆・ 民主・ 岩手4区) TEL:03-3508-7175 FAX:03-3503-0096 ? -http://www.ozawa-ichiro.jp/
渡部恒三 (衆・ 民主・ 福島4区) TEL:03-3508-7002 FAX:03-3502-5029 - http://www.kozo.gr.jp/
亀井静香 ( 衆・ 国民新党・ 広島6区)  TEL:03-3508-7145 FAX:- info@kamei-shizuka.net 
http://www.kamei-shizuka.net/

外国人参政権付与法案阻止の周知用基礎資料につきましては、こちらも合わせてご覧下さい。 
http://mizumajyoukou.jp/?News%2F2009-10-21



posted by 真 at 13:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。