にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへblogram投票ボタン

2009年08月06日

『民主党岡田幹事長が、政権交代後は、「首相の靖国参拝と、チベット・ウイグル問題に関して内政干渉は行うべきでない」と発言』

元記事/レコード・チャイナ2009-08-04 14:28:10 配信
民主党幹事長、政権交代後は「首相の靖国参拝と内政干渉は行わない」―中国紙
モバイル版URL
2009年8月3日、民主党の岡田克也幹事長は都内で中国メディアの合同取材を受け、今月末の衆議院選挙で民主党政権が誕生すれば、首相の靖国神社公式参拝や中国への内政干渉は一切行わないと述べた。中国新聞網が伝えた。

岡田幹事長は、「民主党は結党以来、一貫して日中関係を重視してきた。鳩山由紀夫代表や小沢一郎代表代行を始めとする党幹部たちは各々の政治活動において常に日中関係重視の姿勢を示してきた」と述べ、政権交代が実現すれば日中関係はより一層発展すると強調した。同幹事長自身も年に1度は訪中しており、すでに15回の訪中歴があるという。

また、第2次大戦中のA級戦犯が祀られている靖国神社に日本の首相が公式参拝することに中国が強く反発している問題については、「A級戦犯は先の大戦の罪人だ。首相が公式参拝すべきではない」と述べ、チベット問題やウイグル問題については「中国国内の事情だ」とし、「中国への内政干渉は行うべきではない」との見解を示した。(翻訳・編集/NN)

この記事のURL : http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=34069

民主党による対チャイナ(中国)奴隷宣言ですか?

目を疑います。
>先の大戦の罪人…。
いったいどこの国の政治家のつもりなのだろう。
さすがイオングループの御曹司。
商売の為なら、プライドも平気で売り飛ばすつもりの様です。
どう考えても、靖国参拝問題こそ内政干渉でしょう。

そして今現在でも、東トルキスタン(ウイグル)で、チベットで、
最悪の民族浄化が進行中であるのに、
それをこちらから「黙ります宣言」をするとは。
これこそが本当に、アジア諸国に顔向けできない発言ではないでしょうか?

こうなったら何度でも言いますがw、チャイナ(中国)共産党政権は、
今、現に日本の隣に存在している世界最大最悪の自国民虐殺政権です。

しっかり肝に命じて、物事を判断していきたいです。


☆推奨動画
必見ですw



posted by 真 at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党の信頼できないトコロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。