にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへblogram投票ボタン

2010年02月15日

また一つ情報戦が開始。日本裁判史上最大の1万人によるNHK集団訴訟、始まる!2月15日、東京地方裁判所103法廷。傍聴席もほぼ満席に。参加報告。

本日1月15日15時より、霞が関・東京地方裁判所103法廷において、日本裁判史上最大の10,355人によるNHK集団訴訟の公判が始まりました。
また、チャンネル桜がNHKを訴えた名誉毀損裁判の公判も合わせて行われました。(708法廷16時半より。)

今回は、NHKを訴えた側(原告側)を代表して4名の方が、訴訟の理由について意見陳述を行いました。
陳述者は、小田村四郎氏(拓殖大学元総長)、水島総氏(NHKを正す会長)、柚原正敬氏(日本李登輝友の会事務局長)、永山英樹(台湾研究フォーラム)の四名。

詳細は、藤井厳喜先生のブログにて詳しく載っていますので、ぜひご覧下さい。
藤井厳喜オフィシャルブログ

小田村先生は、NHK・JAPANデビュー「アジアの一等国」という番組が、如何に事実を歪めており、放送法に違反した不公正なものであるかを陳述。

水島代表は、偏向と捏造歪曲の番組を作り続けていることが、1万人訴訟の原因である事を訴え、問題発覚後の隠蔽工作、NHKの子会社を使った暴利を貪る体質等を告発されました。

柚原氏は、当該番組で使用された「日台戦争」・「人間動物園」の二つに絞って、その言葉が事実から乖離したものであることを、詳細に論述。

永山氏は、日本統治時代の神社参拝や姓改名の強制の嘘や、番組内でNHKが「台湾人の国民党との衝突」と言って言及している事件は、実は二・二八事件と呼ばれ、国民党が一方的に台湾人を少なくとも3万人以上虐殺した事件であった事、等、台湾問題で正しく伝わっていない様々な事実を指摘されました。

全体を通して、NHKの当該番組が訴えられてしかるべき内容であったことが良く分かる意見陳述になっていました。

陳述は約1時間で終了。
次回公判は5月14日(金)10時から同じ103法廷で行われる予定。

尚、708法廷でのチャンネル桜がNHKを訴えた名誉毀損裁判は、
次回についての打ち合わせのみで、3分くらいで終了。
次回公判は同じく5月14日(金)に501法廷での予定だそうです。

=============================
☆藤井厳喜さんのch。本日の公判のレポートです。

1/3【藤井厳喜】史上最大の集団訴訟!NHK裁判、緊急速報レポート[H22/2/15】


2/3【NHK集団訴訟】NHK第1回公判直後の原告団関係者インタビュー@[H22/2/15]
http://www.youtube.com/watch?v=4q94wv88RS0&feature=sub

3/3【NHK集団訴訟】NHK第1回公判直後の原告団関係者インタビューA[H22/2/15]
http://www.youtube.com/watch?v=P4_G4FEWkHA&feature=video_response

☆チャンネル桜さんのch(※追加2.17)
【NHK集団訴訟】2月15日・第1回公判報告[桜H22/2/16]


=============================
雨のおかげで仕事がなくなり、急遽参加できることになりました。

自分も含めて傍聴券を持っていなかった40余名の方々も、
皆さん無事に座れたのは良かったです。(これも雨と寒さのおかげかな。)

傍聴席はほぼ満席で、100人近い傍聴人が詰めかけていた模様。
(※追記2.17/300人近い傍聴人がいたという印象は、私の勘違いであった様です。記事修正とお詫び申し上げます。)
元NHK記者の大谷英彦氏、NHK職員の立花孝氏も駆けつけ、
西村幸祐氏、藤井厳喜先生、三輪和雄氏、いつもの桜関係の方々、
2chネット中継組、他、と実に多彩な顔ぶれが占めていました。

法廷なので騒げなかったのがつくづく残念ですw

NHK側は冷静さを装っていましたが、事実を元にした迫力ある意見陳述に、心中如何ばかりだったでしょうか。

ちなみに、NHK側の弁護士のひとりは、あの辻元清美の内縁の旦那(極左弁護士)だそうです。(藤井厳喜ブログより)
これは面白くなってきましたよ。


これから長い戦いになりますので、
皆様ぜひ事実の周知と支援をよろしくお願いします。






posted by 真 at 22:53| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | 日本を守ろう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。