にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへblogram投票ボタン

2009年12月11日

民主党・小沢幹事長、胡錦濤中国国家主席に対し自らを中国人民解放軍に例え、「私は野戦の軍司令官として頑張っている。解放の戦いはまだすんでいない。来年7月が最終決戦。」とはしゃぐ。

引用記事/MSN産経ニュース(2009.12.10 23:30)
小沢氏、胡中国主席と会談「私は人民解放軍の野戦軍司令官」

【北京・原川貴郎】民主党の小沢一郎幹事長は10日午後、北京に到着し、人民大会堂で胡錦濤(こ・きんとう)中国国家主席と会談した。両氏は、日中関係の強化や民主党と中国共産党の政党間交流の促進を図ることで一致した。

 小沢氏は会談後、記者団に対し、来夏の参院選について胡氏に、「こちらのお国(中国)に例えれば、解放の戦いはまだ済んでいない。来年7月に最終の決戦がある。人民解放軍でいえば、野戦の軍司令官として頑張っていると伝えた」と語った。

 他の先進国の主要政治家が、天安門事件で民主化運動を武力で鎮圧した人民解放軍の幹部に自らをなぞらえることはあり得ない。

 小沢氏はまた、「参院選で民主党が過半数を取ることで、思い切った議論をできる環境が整い、関係を深めることができる」と語ったことも紹介した。

 胡氏は「民主党政権になってからも交流を深め、日中の互恵関係が新たな段階に入った」と語り、鳩山政権のアジア重視の姿勢を評価した。
=============================
vlnews005733.jpg

臨時国会の会期延長を無理やり終了させ、国内政治をほっぽり出して、
12月10日、民主党の国会議員140名とスタッフ含め、
600人を超える大訪中団を結成。
意気揚揚と中国に乗り込んだ民主党小沢幹事長。
何かやらかすと思っていましたが、初手から媚中態度大爆発でした。

続きを読む


posted by 真 at 14:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 民主党の信頼できないトコロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。